体が重たくなって何もする気がないのはさぼっているのではなく

体調が悪いのです。
梅雨の時期に入ると天気みたいに体調が安定せず疲れやすいです。
元気を出さないとダメだと思って無理に出かけることは厳しいですが、太陽が出ていればなるべくなら外に出ることを考えて日光にあたって活力を取り戻しましょう。
太陽に当たれば熟睡できてあくる朝には体調が戻ります。
じめじめしていると温度はあまり高くないのに暑さが強くてぐっすり眠れません。
冷たい空気の当て過ぎはよくないですが、よく考えてクーラーを使用して環境改善しましょう。
湿度を下げるために除湿機能があれば、寝具がサラッとして気持ちよく寝ていられます。
クーラーを使うならつけて置いておくのは冷やしすぎて体に悪いため、タイマーを使って首尾よく調整していきましょう。
梅雨になると、雨が続くために辛さが出てきて元気でいられないですが、体の状態はよくないので注意が必要です。
雨を眺めていると動くことが面倒になって横になっているだけでは、つまらないです。
頭が傷んだりぐらぐらするなど病気の状態が現れます。
家からでなくてもやれると思うものを探して、わいわいやって元気でいられるよう心がけてください。